ボコボコクレーター

私は中学生の頃からニキビが出来始め、顔中がブツブツで、膿みをもったニキビのせいで、いつも赤くボーっと腫れぼったい顔をしていました。
その頃から、「ニキビは潰したら跡が残るから潰したら駄目」と聞いていたので、とにかく新しいのができたら潰さないように、洗顔は肌を擦らないように、普段は顔を手で触らないように、寝るときは出来るだけ仰向けのまま寝るようにしていました。

 

しかし、後から後からニキビが増えて、注意しているつもりでもいつの間にか潰れていたりして、気がつけば、顔のほっぺたから目の下から鼻の横から、ボコボコのクレーターのようになってしまっていました。コレがとても嫌で、その頃はかなりコンプレックスだったと思います。

 

とにかくニキビは痛いし、全体に赤くなるし、跡はへこんでいるし、友達と喋っていても自分のこの汚い顔を見られているような気がして、もう学校へ行くのが嫌でした。その頃使っていた洗顔はニキビ用の市販の物でしたが、改善されるような気配は全く無く、痛くて辛い毎日が続きました。
それは専門学校を卒業して、就職してからもずっと続きました。私はもう一生この肌なのかな…と諦めかけていましたが、たまたま仕事をしている時に化粧品会社の方がきて、一度化粧品を替えたらどうかと提案されました。

 

その時教えられたのは天然の物で、値段は高かったですが、とにかくすがる思いで替えてみました。するとだんだんニキビが減ってきて、跡になっているところは時間はとにかくかかりましたが、1年くらいしたら少しマシになりました。
今でもメーカーはその時から代わりましたが、天然の物を使用しています。やっぱり石油由来の安い市販品が駄目だったのかな、と今では思います。

 

全身脱毛の比較まとめ シミに効くクリームランキング 口臭対策 脇脱毛

更新履歴